電子レシートがスマートフォンに届くレシート管理アプリ

今すぐダウンロード 無料

  • App Store

    QRコード

  • Google Play

    QRコード

画面イメージ

スマートレシートプロモーション動画

レシート消費量にまつわる3つの数字

消費者にとって「無駄だ」と捨てられてしまうことが多いレシートですが、店舗にとっては決して“タダ”のものではありません。レジでレシートを出すためには、店舗はレシート用紙を購入しなければなりません。決して安くないコストを負担する必要があり、また捨てられたレシートで店内が汚れないように清掃の手間や人件費の負担も少なくありません。お店もレシートをめぐって様々な課題を抱えているのです。

  • コピー用紙135億枚

    全国で1年間に消費されるレシート用紙の量は、なんと約5.4万トン!A4サイズのコピー用紙が1枚4gとすると、5.4万トンはコピー用紙135億枚分になります。
    ※当社調べ(国内の感熱紙出荷数からレジ用とされる原紙出荷数を推測したものです。)

  • 地球378周

    年間に全国で販売されるレシートロールの数は、なんと2.4億ロールにもなります。この数を1ロールの長さ(63m)で掛けると、全長は1,512万キロ! 赤道の長さ(約4万キロ)で割ると、なんと地球378周分にもなるのです。※当社調べ

  • 960億円

    年間に全国で販売されるレシートロールの数2.4億ロールを一般的な価格(400円)で掛けると、年間に販売されているレシートロールの金額はなんと960億円!いつも何気なくもらっているレシートにも、店舗は多くのコストを負担していることがよくわかります。
    ※当社調べ

スマートレシート レシートがスマホに届く、便利なアプリ 今すぐダウンロード 無料

  • App Store

    QRコード

  • Google Play

    QRコード

画面イメージ